【節約】マネーフォワードの有料申し込みするかどうかを悩んだ結果

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

結論2つのアプリを利用して、実質無料を継続することにしました。

マネーフォワードは後発ではじめたため、無料範囲は登録口座数が10個までというところに不便を感じてました。

私みたいなズボラーには別々の口座を管理するのは難しいですし、総残高が即座にパッとわかると、貯蓄への精神が養わられますし単純なのでやる気がでますので、マネーフォワードは非常に優秀なアプリです。

ただし、無料で使える範囲は限定的になっており、私の一番の悩みは口座数でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料で登録できる口座数は10なのに私の口座数は…

私のもっている口座数は…

  • 給与口座
  • 引き落とし口座
  • 投資口座
  • 定期預金口座
  • 積立定期預金口座
  • メインの証券会社
  • サブの証券会社
  • サブの証券会社
  • メインのクレジットカード
  • 確定拠出年金口座

とあり、まだあるのですがこれでMAX10になってしまってました。

ポイントは楽天カード1本に絞ってためてきましたが、今年はよりポイントを有効利用しようとルミネカードやYahoo!カードを申し込んだということもありますので、サブのクレジットカード 登録枠がない状態です。

確かに一度で管理できるマネーフォワードは便利だ‥捨てがたい…(。-`ω´-)
しかし、月々500円だから年6000円ぐらいにはなりますよね。(´へ `;)

きっとズボラな私の私のことだから一度契約したらずっと…払い続けるかもしれません!そう思うと、有料化に踏み切れずにいました。

他の代替選択肢はないのだろうか。

ほかにもZaimなマネーツリーなど、UI自体はマネーフォワードよりも満足できるかっこいいツールはあります。

ただ、ほかのアプリをみると、家計簿としては便利だけど証券会社数が圧倒的に少ないなど、マネーフォワードと比べると口座連携数では劣るんですよね。

私が使いたいのは口座連携ですから、連携したい口座がないと、NGです。

いっそ、月額料金を払えば…さらに迷います。

そこで辿り着いた両刀使い/家計簿用と資産管理用でわける

少し面倒ではありますが、マネーフォワードは幾つかの銀行などと提携して、独自のマネーフォワードアプリを配布しています。ノーマルのものは広告がありますが、提携版はなかったりするという地味なメリットもあります。

機能的には遜色ないようです。有料範囲は変わらず。

家計簿用で連携したいもの
  • 楽天カード
  • ルミネカード
  • Yahoo!ジャパンカード
  • リクルートカード
  • ファミマTカード
  • 振込口座
  • 引き落とし口座
  • Tポイント
  • 楽天Edy
  • 楽天ポイント

以上10個です。将来的には少し変わる可能性も否めませんが‥そのときは楽天ポイントをリクルートポイントに変更を予定。楽天ポイント投資用にすることに決めましたので、日常の買い物をポイント払いすることはないかなと。

資産管理用で連携したいもの
  • 投資口座
  • メインの証券口座
  • サブの証券口座
  • サブの証券口座
  • セゾン投信
  • 確定拠出年金
  • 積立口座
  • 定期預金口座

こちらはだいぶゆるいです。操作を試している段階のFX口座は週末手入力で管理…^^;

また、もともと連携のない外貨建て変額保険も手入力のため、資金が多い対象のみを連携し、入出力が頻繁ではない対象は手入力だったりしますので、手入力が残る以上、ザックリ管理は致し方なしです…

2つ分離したら家計簿意識がちょっと薄くなった

2つに分けたことで、家計簿側の意識が少し弱くなってしまいました。

以前は総資産をみながら、精神を引き締め、今この「ラテ費」(笑…コーヒーのことです)を使うことがもったいないのでは、など節約意識をもっていましたがが、家計簿だと少し感覚がゆるくなってしまいました。。。

しかし以前の一つ管理のマネーフォワードでは、スクロールしないと見れないぐらいの口座数になっていましたので、今のほうが便勝手はいいはず!私の選択は間違っていない!と心に言い聞かせ、「マネーフォワード無料登録は10口座まで」の救済策として2アプリ利用はこのまま続けていく予定です。

ラテに釣られるのは、自分の精神的弱さの問題と…(´~`)

また、これは余談ですが

今回両刀使いの2つ目を選択するにあたり、アプリアイコンが可愛かったLOHACOにしようと思ったんですよ。しかしLOHACOはYahoo!系なのか、地味に楽天ポイントの連携がありませんでした。連携できる口座っていうのも提携先で分けているですね…

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク