【グルメ】夏はカリッカリ、アツアツのホットサンドで決まり!チーズインでトローリ。幸せ!

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

毎日暑いですね。でも暑いとなぜかアツアツなものが食べたくなります。

今日は夏にオススメのメニューについて。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏は絶対ホットサンド!

「ホットサンド」って知ってます?

これを初めて食べたのはいつだったか忘れたのですが、めちゃくちゃ美味しくて感動しました…サンドイッチとはまだ違う、このカリカリの食感がめちゃくちゃ美味しいんですよ。これを知らなかった以前の私は人生を損したなと思いました、ホントに。

みなさんにも是非知ってほしいです!^^

ホットサンドを知らない人向け

美味しい動画♪

ホットサンドってなんぞや?という方はこちら。

アサヒスタイルフリーのCMです。長瀬智也でおなじみのビールCMです。ビールにあう料理が毎回でてくるのですが、どれもめちゃくちゃ美味しそうなんですよね!そこにホットサンドが選ばれたということは、もう市民権を得たということではないかと。

知らない方は、まずはご覧あれ!

ホットサンドメーカーで焼いています・・・野菜たっぷりでおいしそうですね!!

最近はとても暑いのですが、暑い時期に冷たい飲み物を飲みながら、あつ~い食事を食べたくなるというのが、日本人なんですよ^^

この動画で「ホットサンド」と聞いてイメージができなかった方でも、これをみたらあぁあれね、と思い出した方も多いのでは?

オススメしたいメリット

自宅でお手軽!カフェ風メニュー

さて、「ホットサンド」はどこで食べられているのでしょうか?

オシャレなカフェ? 老舗の喫茶店?

パンの端はカリっとなり、中は具だくさんでアツアツ。まさにホットサンドはカフェや喫茶店の代表メニューです。

実は・・・こんな魅惑的な美味しいメニューがほぼ手間なし、材料選びのみで出来てしまいます。カフェや喫茶店で頼まなくても自宅でカンタン、調理についてはほぼ自動!ホットサンドメーカーを使えば自宅でカンタンに作れちゃうんです。

いつもの食パンがホットサンドで大変身

食パンって、スーパーに売っているだけでも数十種類はあります。毎日食べるものだからと、価格が安い対象を選ぶ方も多いですよね?でも安さで選んだ食パンでも、ホットサンドにするだけで格段に美味しさがアップします。トースターではできない、カリカリの食感。これが美味しさにつながります。

調理バリエーションは無限大

定番はツナやチーズを使ったものしょうか。やっぱりチーズのとろーり感は外せない!

マスタードとペッパーで大人の味仕様のホットサンドです。

キュウリやキャベツもGOODです。少し食パンが水分を含むのですが、それもまた美味しいです。

家族でワイワイ!ホットサンド楽しいです。
ツナと、キャベツたっぷりの簡単ホットサンドです♪

ホットサンドメーカーを手に入れよう

それでは自宅でホットサンドを作るために、ホットサンドメーカーを用意しましょう。

ホットサンドメーカーが必要な理由

特別な器具が必要なの?と疑問に持った方もいますよね。フライパンに挟んだパンをおいて、上から何かでギュっと圧力をかければ一緒じゃない?と。

圧力が大事

具材を挟んで上から圧力をかけるということは、具材が中にとどまっている必要があります。外に出てしまってはもともこもありません。フライパンで焼こうとするとどうしても均一になりますから、端っこに圧力がかからず、カリっとできずおいしくできません。また端っこに圧力がかからないため、中身の具材が出てしまい、味だけではなくせっかくのカフェ風メニューが見た目台無しになってしまいます。

また、具だくさんになった食パンをギュッと押し付けるのもある程度が必要です。ホットサンドメーカーであればてこの原理でカンタンに閉じることができます。

調理の時短を実現

フライパンで頑張ってやこうとしても、中身が飛び出したりカリッとできなかったりでうまくできないのですが、ホットサンドメーカーを使うことにより調理時間の大幅短縮につながります。食パンの中に具材をいれ、後はホットサンドメーカーが勝手に良い具合にやいてくれますから、放置で良いんです!

おっと・・・メーカーによりますが、焼いている時間だけはきにしてくださいね^^

いろいろホットサンドメーカー

カフェでみかける形の直火式メーカー

直火式、コンロの方はこちら。ガスコンロのご家庭は、こちらのカフェで見かけるかっこいいホットサンドメーカーをどうぞ。

プレートの端っこが「凸」型になっていて、圧力がかかるようになっています。これで端っこがぴたっとなり、中身が飛び出るということを防いでくれます。

ちょっと特殊な形ですが、パンをぎゅっと挟んで焼くだけです。焼くというところは自分で火にのせますので、焦げすぎには注意しましょう。

全自動もある電気式メーカー

IHの方はこちら。中のプレートの形は直火式と変わりません。

プレートの形が端っが「凸」型になっていて、圧力がかかるようになっています。直火式と同じで、端っこに圧力がかかって中身が出ることを防いでくれます。

私が持っているのはこのタイプ。おしゃれ海外メーカーのVitantonio製です^^

プレートが取替可能でワッフルやたい焼きも

メーカーによりますが、プレートが取り外せる物が多く、ホットサンドのほかワッフルやたい焼きなどを焼くこともできます。一度買っておけば、色々なバリエーションに使えますね^^

まとめ

まだまだ夏の暑い時期が続きます。

やっぱり日本人は暑い食べ物と、冷たい飲み物が大好きなんですよね。

食感が落ちるこの季節ですが、いつもとは少し違うメニューでオシャレな休日をすごしてみてはいかがでしょう^^

ちなみに冒頭の画像は私が作ったもの。中身はアスパラとチェダーチーズです。中身を入れている写真をとるのをわすれてしまったのですが、チェダーチーズはおすすめですよ。濃厚チーズがめちゃくちゃ合います。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク