【株主優待】ウィルプラスHDからQUOカード3,000円分が届きました

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

連日、ウィルプラスでごめんなさい。

実は・・・配当金の記事は予約投稿で書いたちょっと前の記事で、株主優待は届いてからかいたので連続投稿になっちゃいました。

配当と優待は一緒でいいじゃないか、と思う一方で、自分の記録としては別に書いておきたいという思いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウィルプラスHDからの株主優待

QUOカード投資先として選びましたが、カッコいいホームページに惹かれホールド。そのウィルプラスホールディングスより、期末

こちらの配当記事でもかいたのですが、今年の株主優待は上場記念としてQUOカード3,000円分でした。通常1,000円のところ、今年は+2,000円分。

これに目が眩み・・・私はこれが最後のひと押し!となって購入に至ってます。

【6月】QUOカード3,000円

こんな感じの封筒に入っていました。

お色はシンプルな企業ロゴとあわせたのでしょうが、もう少しモダンな感じを予想していましたので、QUOカード券面のカッコいい感じと少しギャップ・・があったのは私だけでしたでしょうか。

ぺらりめくった中身はこちら。

さすがオシャレなサイト作りしているだけありますね!(関係あるのか・・?)QUOカードもオシャレです。QUOカード券面は、企業ホームページと同じ写真ではありますが^^;

この「未来に+αの喜びを」という企業キャッチコピーはとても共感できます。

株式1:2分割発表後の市場の反応

10月2日に同社は発行株式の1:2分割を発表しました。

そして重要なのが、株主優待です。

優待優待すみません…( ´_J`)

分割後も引き続き、100株保有の株主に対し、QUOカード1,000円を贈呈とのことです。100株株主に対しとする点はこれまでと変わらず
100株がお求めやすい価格帯になり、優待も引き続きとあれば、株主数は増えるでしょう。

企業側も分割で買いやすい株価にし、不人気業種でも優待でも人気のQUOカードをもって一般個人投資家へのアピールを行おうとしているのでしょう。

株主数を増やすことの目的は、今後の東証1部への指定替えを睨んだ施策なのでしょうか・・・。

市場の反応です。

PTSから買われ続け、ドーン!と上がりました。

私個人としては、今は嬉しいのですが、せっかく見込んだ銘柄、下がっていた1800円台で買い増しししなかったことがいまや悔やまれます。

株価は分割まではこの調子でいくでしょう。

社長や経営陣の広報活動をみていても株主向けへのアピールがみえますので、今後も期待していいはずです。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク