【投資】WealthNaviの積立設定額は2万円からがおすすめな理由

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

9月の資産報告にて、WealthNaviの買い付けに不満があると書きました。

自分の資産を大公開。目減りすると散財しているとバレ?て恥ずかしいから、きっと公開したほうがうまくいくはず。。。そうだ、き

そこで積立額を見直すことにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WealthNaviの買い付け設定に不満

買い付けは現金残高2万円以上

何が不満か?それは・・・買い付け余力、つまり現金があるのに買い付けしてくれないことです。

私の積立設定額は1万円です。

結論、私が確認していなかっただけのですが、WealthNaviの買い付けは1万円からではなく、2万円なんですよね。

今更か!

WealthNaviのQAをみてみましょう。しっかり案内されてますね。

自動最適化による取引はいつ実施されるのでしょうか?

追加入金や分配金収入等により、ポートフォリオの現金部分が2万円以上(目安)になると、原則として20時にどの銘柄をどれだけ売買するかを自動で決定し、その日の夜1:30(夏時間では0:30)に海外の証券会社を通じ、ニューヨーク証券取引所にてETFの買付が実施されます。買付の際は、ポートフォリオの状態を最適な状態に近づけるように銘柄を決定します。

<出典>WealthNavi

なので・・・積立設定で毎月1万円の設定だと、2万円貯まるまでは買い付けしてくれません。

投資機会の機会損失

これは私のポートフォリオです。


春からはじめて約半年。30万円の初回入金で、積立設定は1万円です。

そのため、お分かりになりますかね?現金欄に1万円があるのですが、これは1か月前の積立の1万円なんですよ。

このあと9月分が入金されますので、やっと2万円になり、すぐに買い付けてくれると思いますが、これでは積立は1万円なのに対し、結果は2ヶ月に一回の投資と同じということになってしまっています。1か月の機会損失です。

積立額を変更

私は結構ビビリなもので、様子見として積立設定額は最低金額の1万円を設定していました。ここで投資機会の損失があるなんて思ってもみませんでした。

本当に知っているか、知らないかでは差がつく世の中ですね。。。

変更したら光がさした

積立設定を1万円→2万円に変更し、リスク許容度はそのままでシュミレーションしてみました。

結果がこちら。

なんと、1万円の積立では雨マークだった目標額1,000万円ですが、雲マークから光がさしています!50%になりました。

ちなみに、1,000万円以上でも光がさしそうだったのでちゃっかり1,100万円でシュミレーションし直しています(笑)

オススメ積立額は2万円から

WealthNavi自体はとてもオススメの投資運用ツールです。

ちなみにこのWealthNaviですが、入金については積立設定のほか、クイック入金という方法もあります。

ただし、クイック入金だと結局は手動のため、忘れるという可能性も否めませんよね。そのため、特に兼業の方には強制口座引き落としの積立設定を強く推薦します。その上で相場の落ち込み時にクイック入金して買い付けすればよいし、あくまでもベースは積立が最良です。

将来的にはロボット運用やシステムトレードといった自動運用が主流になっていくでしょう。やや先行投資という意味もありますが、めんどくさい米国株投資・・・そういった意味でも価値はあります。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク