【配当金】ウィザスから配当金計算書が届きました

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウィザス 中間配当6円

私には珍しい単元株以上の保有銘柄です。300株保有。

よく、銀行の定期預金ににせてウィザス定期とよぶことがありますが、株価の上下がないかわりに、配当金利回りはよく、定期という名前にピッタリの銘柄です。

単元はまだまだ5万円以下の買いやすい価格帯で推移しています。

株主向け広報誌から気になったこと

ウィザスといえば、関西圏に在住の方なら第一ゼミナールです。関西圏ではテレビCMも放送されていますし、大手の学習塾のイメージ。

という具合で、ウィザスは学習塾をメインに展開している教育銘柄です。

第一ゼミナールを中心として、他にもこういったブランド展開がされています。

この「NEW」とかかれたのは、京大ゼミナールの久保塾のこと。ウィザス傘下に入ることになりました。

ここでも「ドミナント戦略」という言葉が使われていますが、エリアでの競争力を上げる、顧客囲い込み戦略というのは非常に有益なようです。ほかにも、私の保有銘柄であるウイルプラスホールディングスが、店舗買収をエリアドミナント戦略と名づけていましたね。

さて、ウィザスにとっては小学校から中学校の学習塾が第一ゼミナールですから、この京大ゼミナールが加わることで顧客の成長にあわせられるということもあり、素人目にもよい方向に進んでいるようにおもいます。

これは、冊子の最後にあった、地域別の校数。予想も結果もやはり関西圏強しというところ。

久保塾にみられたようにドミナント戦略を続けるということは関西圏中心の展開は今後も変わらないでしょう。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク