2018年のクレジットカード戦略!値引きカードをメインカードにしてみる

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

普段の買い物はほとんどクレジットカードです。ポイント重視というよりは、単に小銭管理をしたくないから。

私が主に利用しているクレジットカードは、以下。括弧は選択した国際ブランド。

  • 楽天カード(VISA)
  • ルミネカード(JCB)
  • リクルートカード(JCB)

楽天カードはメインカードとして、固定費決済から普段の買い物全般、ルミネカードはSUICAのオートチャージを目的に作ったのですが、ルミネでの買い物にも使っています。

リクルートカードはQuickPay専門。普段の買い物には利用していません。

とまぁこんな感じなのですが、色々なクレジットカードが最近でまわっているので2018年は新規一点!考えなおすことにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

求めているクレジットカード

まず、現在よりも利便性の良さを考えつつ最低条件を考えてみます。

  • 還元率1%以上
  • 抽象的だけど、ポイント交換が手間ではない
  • 年会費無料
  • プリペイドチャージ、電子マネーチャージでポイントが付与

私の保持しているカードでポイント還元率が1%未満のカードはないため、1%を下回らないというのは最低条件とします。

ポイント交換が手間ではないというのは、せっかく貯めたポイントも無駄にしてしまっては意味がないからです。確実に消費できるシステムというのが重要。

年会費については払いたくありません。既にルミネカードで既に年会費を払っているので、これ以上は・・・という思いがあります。

過去に年会費を支払っていたことも有りましたが、解約する手間があるので数年間使わないカードに年会費を払い込んでいました。一度契約すると解約には手間がありますので、年会費のかかるカードは申し込まないようにしています。

プリペや電子マネーチャージは、生活費の管理のため。予算通りに支払いを管理するためには前払いだと気づきました。(まあ結果クレジットで後払いになるのですが・・・) クレジットカードで前払いした予算を使うということで2018年は予算管理していこうかと。

新たに申し込んだクレジットカード

カードの条件から申し込んだのは、以下のカードです。

Booking.comカード(VISA)

  • ポイントは次月請求額から自動割引精算
  • お支払合計額100円につき、1%ポイント付与
  • Booking.comでの宿泊額100円につき、5%ポイント付与
  • ポイント有効期限は1年(4月利用は翌年3月まで)
  • 年会費無料
  • 月末締、翌26日請求

個人的な追加情報ですが・・・ANAプリペには、チャージでのポイント付与はないとのこと。

  • ANA VISAプリペイドへ手数料無料でチャージ可能
  • ANA VISAプリペイドへのチャージポイントは付与されない
コメント

私が申し込みようと思ったのは、自動キャッシュバックとANA VISAプリペの利用手数料無料という点です。ただし、チャージポイントが付かないのは少しもったいないですね。

後述のP one Wizも請求時自動割引ですが、Bookging.comカードは請求額合計でのポイント付与のため、100円未満の明細活きてきます。この点で同じ割引カードですがBooking.comにメリットがあります。ただし、Booking.comカードは当月請求分は次月請求から割引なのと、0.5%ほどP one Wizとくらべて還元率は低くなりますのめココは好みでしょうか。

ちなみに先着でBooking.com GENIUS会員へのアップグレードができるというカード入会特典がありましたが、既にGenius会員へのアップグレードキャンペーンは打ち切られていましたね。ホームページに案内すれば良いと思うのですが・・・まだHPでは宣伝がありますので注意です。

P one Wiz(VISA)

こちらはJCB、MASTERも選択できます。基本スペックは同じです。

  • 利用明細毎に精算時に1%自動割引精算
  • 1,000円につき、ポケットポイント1ポイントを付与
  • ポイント有効期限は2年
  • 年会費無料
  • 月末締、翌々月1日請求
コメント

ずっと前からその存在はしっていました。10年ぐらい前のPカード時代から。ただなんとなく避けてきたのは食わず嫌いではないかと、今年申し込んでみることに。

ポイント交換不要の自動割引が節約家にぴったりです。しかし、地味に利用明細ベース、かつ翌々月1日払いというのはデメリット。前者は100円未満は切り捨てとなりますし、後者は忘れたところに請求がきます。

楽天カード(JCB)

  • ポイントはお支払い合計額から楽天ポイント1ポイントを付与
  • 楽天市場
  • ポイント有効期限は最後にポイント獲得した時から1年(期間限定以外)
  • 年会費無料
  • 15締、翌月10日請求

個人的な追加情報ですが、

  • ANA JCBプリペイドでのチャージポイントでも1%ポイント付与
  • nanacoチャージでのポイント付与は終了
コメント

nanacoカードのポイント付与は終了し、クレジットカード業界に衝撃がはしった?2017年でしたが、私は10年来の楽天VISA保有だったのであまり関係がありませんでした。両刀使いもできませんでしたしね・・・

そうそう、2017年12月には楽天カードのJCB、VISAなどの両刀使いが可能となったということのほうが2017年のニュースがあり、せっかくなので申し込んでみたのです。

現在保持しているクレジットカード

楽天(VISA)

  • ポイントはお支払い合計額から楽天ポイント1ポイントを付与
  • ポイント有効期限は最後にポイント獲得した時から1年(期間限定以外)
  • 年会費無料
  • 月末締、翌月27日請求
コメント

まあ、楽天JCBと同じですね。

特筆すべきは2017年から12月から国際ブランドの両刀使いができるようになったことです。楽天e-naviから「カードの追加」として申し込み可能となっています。

ルミネカード(JCB)

VISA、MASTERが選択できます。

  • 1,000円につき1ポイント付与(還元率0.5%)
  • JRの定期券購入や券売機購入、SUICAチャージでポイント3倍(1.5%)
  • ルミネの買い物は常に5%OFF請求
  • ポイント有効期限は1年(4月利用は翌年4月末まで)
  • 初年度年会費無用、2年目以降は税抜き953円
  • 月末締、翌々月4日請求
コメント

クレジットカードで得られるポイントについては、ポイントシュミレーターがわかりやすいです。利用場所でポイント付与率が変わりますので、こういったものは便利。

また、ルミネカードはエンボスレスというカード番号部分が凸凹しないフラットな設計となっているのも地味に好きなポイントです。券面デザインもホワイトを基調としたかっこいいデザイン。

リクルートカード(JCB)

MASTER、VISAも選択できます。

  • 10,000円のお買い物で120円付与(還元率1.2%)
  • リクルートサービス(じゃらんetc)利用で+最大4.2%還元
  • ポイントはポイント最終加算日の12ヶ月後の月末まで
  • 年会費無料
  • 15日締、翌月10日払い
コメント

今普通に申し込めるカードのなかで脅威の1.2%還元です。どこで使ってもというところがポイント。店舗型がカードで還元率がその店舗だけアップするものはありますが、常に1.2%というのはとてもメリットが高いですよね。

ただし、リクルートポイントの使い勝手があまりよくないというデメリットもあります。

2018年のクレジットカード戦略

クレジットカード戦略というと、すごいカッコいい(笑)

2017年のクレジットカード履歴書

先にもう少し2017年のクレジットカード利用を振り返ってみます。

メインカードは楽天(VISA)

私はメインカードを楽天と決めて、楽天カード(VISA)をずっと使ってきました。

理由は、クレジットカードのポイントを使うためにどこかのポイントに返還したりすることが煩わしいと思ったのと、当時から楽天での買い物を主にしていたため、楽天ポイントが常に貯まる楽天カードはズボラな私にはピッタリでした。

ルミネカードを交通利用のサブカードに

サブカードは今まではPASMOオートチャージができる年会費無料カードの京成カードを使っていました。オートチャージは都内での移動に便利なのと、小銭管理をしたくないため。

京成カードは交通費とコンビニの買い物で使ってきましたが、ポイントは捨ててきました。京成カードのポイントの使い方、調べるのも面倒で…。昨年はこれをもったいないと思うように。そこで、ルミネカードにチェンジ。JRの定期券も使いますし、ルミネ店舗もある程度は利用しますのでちょうどよいと思いました。

とまあこんな感じでした。

変えてみようと思ったきっかけ

それは節約を意識したからです。

節約を意識するとポイント付与率も悪くなります(笑) クレジットカードの請求額が少ないので、付与率も少なくはなります。

また、楽天カードのポイントは集めやすく使いやすいのですが、一方で楽天スーパーセールなど、ポイント高還元時にためておきたいという意識が働いてしまい、ついつい買い物を誘発するということがあります。

そこで楽天カードから少し距離をとってみようと考えました

長らく10年以上は楽天カードでしたので、他のクレジットカードならばどうなのと思いました。楽天カードも素晴らしいですが、楽天利用以外は他のカードも同じかなと。また節約志向により楽天利用率も低くなってきましたし、いい機会だと思ったんですよね。

2018年の戦略

2018年は、試行の年と考えていますのでまだ選択は絞りきれていません。

楽天カードは楽天市場で利用

使い勝手や締日と決済日が近いということもあり、消費者的にみて楽天カードは素晴らしいカードです。

ただし、そのため楽天カードは楽天の買い物時にだけ利用することにします。実はここも迷っているのですが、最近はすごく買い物も少なくなってきていますので。

メインカードをP one Wizに

完全キャッシュバックカードとして、利用価値の高いP one Wizに変更してみることに決めました。

利用時に確実に1%OFFになるのは利便性が高いし、面倒なことが大嫌いな私にはぴったりです。0.5%のポケットポイントはTポイントに返還できますので、使いドコロにも困りません。

ルミネカードはJR関連とルミネで利用

ルミネカードはオートチャージでの交通費利用と、定期券購入、ルミネでの買い物に利用します。

ポイント交換が少し面倒くさいのですが、1年に1度ポイント交換を年末にするときめておけばよいので、我慢します。。。ルミネ商品券にかえると出口戦略としてポイント還元率もアップしますし、使い勝手はよいです。ポイント期間内で洋服を絶対かわないといけない、というのは脅迫めいて嫌ですが、商品券にかえておけばよいので。

Booking.comカードはP one Wizの次点

同じく使い勝手の良いキャッシュバックシステム。

P one Wizの1.5%還元には劣りますが、半年後くらいにこちらにくら替えしてみようと申し込みました。

楽天カードJCBは保険

これは、保険です。

やっぱり使ってみて楽天カードがいいと思ったら、楽天カードに戻ります。私は気が短いので、待つという行為が好きではないのです。。。一度に申し込みするとどうかなとドキドキしましたが、カード追加は審査は多分していませんね。

楽天JCBは、プリペイドであるANA JCBプリペイドへのチャージでもポイントがたまるので申し込んでみました。

うーん、SUICAで食費管理するという記事を書いたのですが、プリペイドの利便性よければ楽天時代に戻るかもしれません。

まとめ

試行の年なのでまとめも何もないんですが、一言。

ポイントって自動キャッシュバックがお得なのか、ポイントをもらってただでお買い物ができるのがお得なのか、一体どっちなんですかね。

考えていて一番考えて悩んでしまいました。

割引なのか、お小遣いなのか。

節約志向ならば自動キャッシュバックですが、自動キャッシュバックだと、お得感ってわかりづらいですよね。

ただ、使った金額にあわせてポイントが付与されるのだから利用を控えればポイントも低くなるわけで。今は自動キャッシュバックが利便性が高いと自分に言い聞かせることにしました。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク