Kyashリアルカードをクレジットカードと紐付けて3%の高還元を狙おう

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

LINEペイウマー(#・∀・) 時代には取り残された私ですが、遅ればせながらではありますが、このKyashには乗っておきたいと思います!!

…改悪しないでね、Kyash・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kyashリアルカードで3.0還元を目指す!

Kyash(キャッシュ)なら、誰でも簡単にVisaカードが発行できます。チャージしたお金は友達への送金だけでなく、ネットショッピングや全国のコンビニ、飲食店などで使えます。

Kyashのホームページはこちらです。こちらからアプリのダウンロードを行うことができ、情報登録も可能です。

Kyashの基礎情報

そもそもKyashって?というところから。

これを踏まえたうえで何がお得かは次の章で後述します。

  • 登録自体は審査不要で即つかえる!
  • 原則 媒体なしのヴァーチャルカード
  • 原則 前払いのプリペイド式
  • 決済金額の2.0%がキャッシュバックされます
所謂新しい決済サービスのひとつ

スマホで「Kyashアプリ」をダウンロードして使います。

お金は、原則コンビニや銀行から事前にチャージ(入金)してから使います。

クレカ紐付けは後ほど説明します。

そう!

お金は事前入金式であるため、後払い決済のクレジットカードではありません。

後払い式ではないため、「この人本当に支払ってくれるの?」という会員の信用度をみる「審査」は必要がないということなんですね!

公式によると、審査不要だからか登録自体は1分で完了するとのこと。

スマホ上のアプリ起動だけで使える

登録作業を行うとすぐにVISAブランドのカード番号が表示されます。

たいていのクレカ申し込みの場合、カードが届くのを待ってから利用開始となるので少し時間がかかりますよね?

Kyashでは登録後にすぐカード番号が表示されるので、すぐに使えますね!

クレジットカードのような実物媒体のある「リアルカード」に対し、カードの媒体がないので、カード番号だけの発行を「ヴァーチャルカード」と呼んでいます。
このヴァーチャルカードだけでも、
  1. 友達とのお金のやりとり
  2. ネットショッピング

とすぐに使えます。

Kyash以外にも、同様の決済アプリがありますので具体的な内容は省略しますが…

実際の現金をやりとりしなくてもよいというメリットがあります。

そしてネットショッピングを行う場合、リアルなカード媒体なくてもカード番号さえあれば利用することができるので、登録後すぐに採番されたカード番号を利用することで、あたかもクレジットカードのようにお買い物ができちゃいます。(即、には後述のクレジット紐付けが必要です)

2.0%キャッシュバック

まず、現在何の制限もなく入会できるカードで還元率2%以上のクレカってありませんよね。クレジットカードも厳しい時代に入りました。

さて、そのクレジットカードの冬時代にあって、なんとこのKyashで支払いすると決済金額の2%がキャッシュバックされちゃうんです!

注意点はキャッシュバック対象外となるものがあるということです。

対象外の取引

  • お買い物キャンセルとなった決済
    ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
  • カード有効性チェックでの減算
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
    WAON/nanaco/楽天Edyなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
    ※1回につき6,000円以上のご利用分は対象となります
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
    ※1回につき6,000円以上のご利用分は対象となります
  • 寄付のお支払い
  • 公共料金のお支払い
  • 各種税金、ふるさと納税のお支払い
  • 年金のお支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入

<出典>https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360001458607-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

公共料金、金券類はNGというところだけ覚えておけば良さそうですね。

定期券購入はなんとなくグレーゾーン的印象を受けますね…

そして…Kyashの醍醐味はここからですよ…

Kyashのメリット

  • 他クレジットカードから自動チャージできる
  • リアルカードが発行できる
クレカを紐付けて自動チャージ、実質後払い

原則プリペイド型なので事前に入金行為が必要とは書きました。具体的にはKyashの入金方法に銀行・コンビニがあるとも書きました。

重要なのは第3の入金方法があること。

クレジットカードからの入金です。

入金というと語弊があるので補足します。

事前にある一定の金額をクレジットカードからわざわざチャージ(入金)しての使い方ではなく、お買い物に利用した金額が、Kyash側の残高にない場合、クレジットカードから自動で決済(Kyashへの支払い)されます。

実質後払い作戦ですよ? (#・∀・)

公式では、紐付けたクレジットカードのことを「登録カード」と呼んでいます。
クレカチャージのポイントもこっそりゲット

クレジットカードから自動チャージした金額は、クレジットカード側でショッピングとして認識され、クレカポイントが貯まります。

整理すると‥

  • Kyash側で2.0%還元
  • クレジットカード側で1.0%(以上)還元

これで合計してブログタイトルのとおり3.0%還元(以上)を狙うことができますね。

クレジットカード側は楽天カードやYahoo!カードであれば2.0%ですが、リクルートカードを紐付ければ1.2%になります。

ただし、nanacoチャージはクレカポイント対象外となった過去事例にように、後々お得なことは改悪される可能性がありますので情報には注意しておきましょう。

リアルカードが発行可能

これで準備は万全!!あとは使うだけ。笑

クレカと紐付けたKhyashを日常使いにして、ポイント、キャッシュバックの還元を待ちましょう!!

でも少しまだ日常使いするには不便です。

アプリ上でカード番号が表示されていますので、ネットショッピング上は問題ありませんが、店舗決済だとまだ未対応のところもありますよね。

そこで、リアルカードの登場です

リアルカードというのは、文字通りクレジットカードのような、カード媒体のことを指します。Kyashでは、カード番号を搭載したカードが無料発券できるんですね。

これでコンビニ、その他店舗でも利用可能、万能決済!!となります。ヾ(o´∀`o)ノ

デメリットを考えてみる

残高制限や、送金制限もありますが、クレジットカード紐付け作戦に利用しないのでその辺りのデメリットは割愛します…

  • リアルカードの発行には少し時間がかかる
  • クレカチャージの改悪情報には日頃から注意
  • Kyash残高は出金できない
  • リアルカード決済制限
    • 5万円/1回
    • 5万円/1日
    • 12万円/月
  • ヴァーチャルカード利用制限
    • 3万円/1回
    • 3万円/1日
    • 12万円/月
  • 地味なデメリット
    • マネーフォワードやZaimの管理

ちなみに現在、届くまでに20日程度かかるとの案内がされていますが、私は1週間程度でした。

3点目については、公式の案内では下記の通り説明がありました。

クレジットカードを実質現金化できてしまっているので、仕方ないですね。

日本国内では法律で「与信の現金化」が禁じられております。

Kyashの入金元にクレジットカードを利用するため、これを銀行口座に引き出しすると、「与信の現金化」となり出資法に抵触するため、出金することはできません。

<出典>https://support.kyash.co/hc/ja/articles/115006014848-%E6%AE%8B%E9%AB%98%E3%82%92%E5%87%BA%E9%87%91%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-

最後の地味なデメリットは、私個人が家計簿をマネーフォワードやZaimにまかせているからです。

Kyashを登録すると、Kyashでは利用都度情報が反映されていて良いのですが、実際はクレジットカード側でも同じ明細が後から計上されますので、どちらかを残すなどの管理が面倒になった、ということです。。。

さらに、登録カードが増えたということで無料会員を継続したい私にとっては悩ましい問題となってしまいました。

まとめ

高還元のLINEペイカードに乗り遅れた私。むしろいつの間にか制度が改悪されていたので、乗り遅れたどころか、本腰入れるまでに終わっていたんですが。( ´_J`)

還元率3%以上というのはそうそうないこの世の中。こういうお得なカードは、いつか改悪する方向にあるのかもしれませんが、お得な時に利用しなければ、損です。

手間も少しありますが、

手間無くしてお得なし!!

とLINEペイに乗り遅れた私は切実に感じます。とりあえずは年会費無料、3%還元でデメリットもあまりないので、何か大きなトラブルがない限りは利用し続けたいと思います。