楽天EDYはおトクなのか?を調べてみた

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

節約に努めているからか…楽天ポイントを楽天サイトで使わなくなってしまいました。

今月末で有効期限が切れてしまう楽天ポイントがあるため、楽天ポイントをリアル加盟店で有効活用できないものかと、たどりついたのが楽天Edyです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天EDYのまとめ

チャージ(入金)

現金
  • もはや説明不要?店頭でチャージしてもらいます。
クレジットカード
  • 楽天カード → 楽天Edy へはチャージ可能
  • 楽天カード以外 → 楽天Edy へのチャージも可能
  • チャージは決済行為扱いとして、クレジットポイントが付与されるカードもある
  • 楽天カードでは、200円につき楽天ポイント1Ptがたまる
    ( 還元率 0.5% )
  • ポイントは各カードの還元率に従う
楽天ポイント
  • 1Pt=1円
  • 通常ポイントのみ。期間限定ポイントからは不可
  • 楽天ポイントと楽天EDYは相互交換可能。
  • 楽天EDYから楽天ポイントに交換すると、有効期限は6ヶ月となる。
最初に使いたい期間限定ポイントはチャージできないことに注意

お支払い編

  • Edy決済で200円ごとに楽天ポイント1Pt付与。
  • 楽天ポイント加盟店は100円で楽天ポイントが1Pt付与される( 楽天ポイントの通常還元率は、基本0.5% 〜 最大1.0% )
  • ただし端数はポイント切り捨て
    (例) 199円の場合はポイント付与対象外。
  • Edyは、決済金額(シャリーン♪)単位でのポイント付与
  • 加盟店のポイントカード提示で加盟店ポイント + Edy決済でのポイント二重取りは可能。
    (例) ファミマなら、Tカード提示 + EDY決済でポイント2重取りが可能
楽天カードは月の支払い総額に対してポイント付与。
Edyの1日の決済金額が200円単位未満だと、クレジットに比べポイントが無駄になることに注意(Edyでのポイント付与例)
100円+200円+350円を利用した場合(1日)

0 + 1 + 1 = 合計2ポイント付与

Edyの有効期限

  • 楽天Edyの有効期限は4年。
  • 楽天カード付帯の楽天Edyは、カードの有効期限延長時に注意

楽天カード決済 VS Edy決済

私の現在のメインカードは楽天カードです。



カード決済ができるところでは、月の支払い総額でポイントが計算される楽天カードに利があることがわかりました。

楽天カードの例で話していますが、ポイント還元率のもっと高いカードであればこの例ではありません。
楽天カードはEdyチャージで0.5%還元、Edy決済で合計1.0%還元されます。しかしそれでも楽天カードでのお支払いの還元率1.0%と同じか、もしくはEdyはポイントの端数切り捨てがあり1.0%をまもれないためより還元率が悪くなるのです。
これが楽天カード以外であれば、チャージの還元率がもっと高くなるものがあるでしょうし、計算は異なります。チャージがせめて0.5%ではなく1.0%だったらEdyに利がでますね。残念。

なお、楽天Edyは事前エントリー必要ですがキャンペーンを毎月やっていますので抱き合わせで考えれば、キャッシュバック特典などを得られると変わります。

ただ楽天Edyより楽天カード決済のほうがお得なようです。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク