確定拠出年金のマッチング拠出は定年までの節税対策でおトク!

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

確定拠出年金ってしっていますか?

多くの人は企業型、個人ではIDECOが話題ですよね。

私の勤務先では企業型での運用をしているのですが、このたびマッチング拠出制度が開始となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マッチング拠出とは?

企業型で加入されている方は、企業側のルールで毎月の拠出額が決まっていると思います。私の勤め先では職級により毎月の拠出額は決められています。

マッチング拠出とは、その企業側で決められた拠出額に上乗せして、個人で掛け金を追加できるという制度です。

ただ、節税効果の高い制度のため、限界はあります。

企業型の拠出額には限界あり

掛け金は無税、利息や運用益は無税ですから、限界はあります。

会社負担で拠出されている額が、企業型の限界拠出額である5.5万円であった場合、これをこえて個人で拠出することはできません。マッチング拠出が可能となるのは、企業が拠出してくれている額が5.5万円以下の人に限定されます。

あわせて企業側の拠出額をこえてはならないという決まりがあります。例えば企業が拠出してくれている額が1万円だった場合は、個人のマッチング拠出年金としては1万円までしか指定はできないということになります。

マッチング拠出のメリットを整理

掛け金は無税

企業型のマッチング拠出制度は、毎月の給与を給与としてもらわず、毎月確定拠出年金として運用にまわしていきます。給与自動天引きです。

その掛け金は無税。投資信託を申し込んでも購入費用はかかりません。

これは証券会社でもノーロード投信が多いですから、あまりメリット感は感じられない人も多いかもしれませんね。

掛け金は全額控除

一番すごいところはここですよ。( ー`дー´)キリッ

掛け金が所得税の控除対象となります。たとえば月々1万円をマッチング制度を使って確定拠出年金として運用したとします。すると、年額12万円が所得税控除の対象となります。

保険などは控除上限が決められていますが、マッチング拠出は全額が控除対象なので非常に節税効果は高いといえます。

もとは自分の給与なのですが、給与として支給されても税金が引かれてしまうので手取りは少なくなりますよね。これがマッチング拠出を利用すると自由にお金を使えはしないというデメリットはありますが、拠出額分の税金が返ってくるのです。すごい・・!

お給料は普通にもらえば税金がひかれるのに、マッチング拠出にするだけで税金がもどってきます。

どれぐらい節税効果があるの?

知りたい方はこちらのサイトがわかりやすいです。

35歳、年収600万円、拠出額2万円で計算

<出典>ろうきん

年額4万以上の節税効果が得られます。60歳までに120万円の節税効果・・・。

株に投資して利益確定したら約25%の税金がかかります。これが無税で、かつ元でにかかる税金についても控除がきくとなれば、かなりおトクな制度といえますよね。

確定拠出年金は退職金としての税金控除が可能

私がもう一つ押したいメリットがこちらです。

私の老後の悩みとして・・・ドルコスト平均法で積み立てた投資信託をどうもらうのか?養老保険も一時金としてもらうのか?もらい方は頭を悩ませていました。一時金は税金がかかりますからね・・・。またせっかく毎月のドルコスト平均法で積み立てたのですから、一括でもらうというところにリスクはあるような気がしています。

しかしこの悩み、確定拠出年金では不要です。

退職金としての税金控除の対象となるんです。

つまり、確定拠出年金(マッチング拠出)は、掛け金、利益(利息)、もらうときと全てに税金負担の軽減手当がついているんですね。

図表1:退職所得控除額の計算式

(注)勤続年数の期間に1年未満の端数があるときには、1年切り上げ。

<出典>モーニングスター

大卒でずっと働いた場合を考えてみると、約2000万円までは控除可能となります。

私の働いている会社は退職金が低いことが有名なので2000万円をこえることはないですね。(๑´3`๑)

私の選択

2万円を月々かけることにきめました。

今、ソニー銀行に月々18,000円を現金で積み立てていますが、毎月の支出で生活が厳しくなったらソニー銀行の現金積立をなくそうかなと思っています。

給与としてもらってただ預けているよりは確定拠出年金で定期預金くんだほうがお得ですからね・・^^;

みなさんも検討してみてはどうでしょうか。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク