【人生】BucketList 棺桶リストを作る!アイデア探し編

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

人生は有限です。私は死にたくない派です・・

そんな私ですが、親の老いや死を目の当たりにし、自分も歳をとったことを実感しています。自分の人生も限りがやっぱりあるということ。いつかは死ぬということも改めて考えるようになりました。

そこで、話題の棺桶リストを作り、人生を後悔しないように備えたいと思うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BucketList 棺桶リストとは?

「死ぬ=棺桶にはいる」ということです。そこで、棺桶にはいるまでにやっておきたいことをまとめたものを棺桶リストと呼んでいます。

このネーミングは、「最高の人生の見つけ方」という映画から。

BucketList 棺桶リストを作ってみる

棺桶リストとかくと、ちょっと表現が怖いですね^^;

まずはルール

抽象的に描くと行動するときに迷いが出る、時間がかかるため、リスト化した時点で具体的な内容であること。

具体的なというのは例えば旅行であれば行き先がわかる程度。泊まりたい場所があれば別だが、特段ホテルまでの具体化はしなくていい。

リスト化してみる

  1. 親孝行、母親が好きな尾瀬へ
  2. 1億円を貯める
  3. バイクの免許、バイク旅行
  4. ・・・

まてよ、、、

ん?リスト化するほど見つからないじゃん!

いざまとめてみようとすると記載の粒度もわからない。考えすぎか?

いきなりは考えつかない!

というわけで、

メディアに頼ってみた

本記事は徐々に棺桶リストを完成させていこうという趣旨のものです。

完成は来年かな…( ´_J`)

購入した書籍はこちら。

死ぬまでに決断しておきたいこと20

大津秀一さんという、緩和医療医の方の本。ネット購入ですが、続編だったようです。

文面は共感できる内容。緩和ケアの患者さんのいろいろなケースを書いており、イメージが湧きやすい内容。

目次(抜粋)

棺桶リストのヒントというより、それより後の、、、死活としてすべき事のヒントが書かれています。以下は目次のタイトルを私なりに抜粋。これだけでも、死活としてはヒントになるはず。

  • 自分の病気について知るべきか
  • 家で死ぬのか、病院で死ぬのか
  • 遠くの医者か、近くのヤブ医者か
  • 財産を残して逝くのか
  • 身の回りのものをいかに処分するか
  • 葬儀をするのか
  • 最後に傍に来てもらいたいのは誰か
  • 延命治療を受けるか、否か
  • 絶望して生きるのか、否か

<出典>死ぬまでに決断しておきたいこと20

死活に近い内容ですが、死ぬまでに自分のことはある程度整理しておきたいものです。また、いつ病気や怪我でどうなるかはわかりませんから、健康であるうちに、ある程度考えておきたいと考えます。

心に響く言葉

人は「絶対が大好き」

「正解のない」という痛みと向き合わなければならない

原因と結果は一対一で対応するのではない、(中略)認識や信念、解釈が介在する

「未来が不安」病

別に不幸ばかりがやってくるわけではないのに、不幸だけがやって来るのではないかと震えるのが、未来という時間を知ってしまった人間の悪癖

悲観的に思い悩みながら、自分の命のことは楽観的

思い悩んで、ツイてない日だって、その平凡を失った日には限りなく輝いて映るのかもしれないことに、なかなか気がつかない

明日死ぬかのように生きなさい。永遠に生きるかのように学びなさい…マハトマ・ガンジー

人は本当は生に絶望したくない

生に意味を見出したい

家族はいつ終わる

<出典>死ぬまでに決断しておきたいこと20

ハウツー本というわけではありません。ただ、生きることを考えるヒントにはなりました。

「人は本当は生に絶望したくない」

この表現にはとても共感しました。これ、私のいまです!^^;

誰しも生きるということに希望をもちたいもの。ただ、病気や実生活のいろいろなこと、仕事の愚痴でもいいですが、ひとつひとつの不満が溜まっていくと、つい、なんで生きているなんだろうなと思ってしまいます。私はマイナス思考の塊ですからね!!(笑)

いつも今の当たり前の生活に喜びを感じながら生活したいものです。

改めてリスト化

BucketList 棺桶リストへ追加

  1. 親孝行、母親が好きな尾瀬へ
  2. 1億円を貯める
  3. バイクの免許、バイク旅行
  4. 実家のお墓を永年供養
  5. 実家の土地・建物の整理
  6. 自分の財産、持ち物整理

ちょっと死活的な内容になってしまいましたが、追加しました。( ゚∀゚)o彡°

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク