【家計簿】2017年9月/相変わらず固定費が激高な家計簿

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

具体的な家庭内支出を公開している方って結構少ないです。ひとぞれぞれ家庭環境が違いますのでなかなか比較することは難しいものです。

私個人としては、自分の家計簿を公開することで何かの気をひきしめよう?という目論見があり、公開してみます。

ちなみに私の家計簿パターンは、すこし特殊なパターンです・・・一応後述で説明はしております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年9月の家計簿

実績

画面が小さい方は横スクロールすると全体が見えます。

予算 実績 損益
支出割合
種別 合計 ¥211,357 ¥234,629 -¥23,272
固定
住宅/L ¥78,746 ¥78,746 ¥0
45.23%
住宅/管修駐 ¥27,380 ¥27,380 ¥0
保険 ¥38,216 ¥42,029 -¥3,813 17.91%
通信費 ¥4,500 ¥3,227 ¥1,273 1.38%
水道・光熱費 ¥10,000 ¥5,722 ¥4,278 2.44%
変動
食事 ¥25,000 ¥28,310 -¥3,310 12.07%
交通費 ¥16,000 ¥33,180 -¥17,180 14.14%
日用品 ¥5,000 ¥1,920 ¥3,080 0.82%
趣味・娯楽 ¥0 ¥500 -¥500 0.21%
教養 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
交際費 ¥6,000 ¥5,300 ¥700 2.26%
衣類・美容 ¥0 ¥7,800 -¥7,800 3.32%
医療費 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
その他 ¥515 ¥515 ¥0 0.22%
特別費 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
税金 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%

(´ε`;)ウーン…というわけで、今月もマイナスでした。・・・いや、プラスになることがあるのか?

それでは、振り返って気になった支出項目に対してコメントを。

「固定費」の振り返り

住宅

住宅Lは住宅ローンのことです。毎月の返済額は約8万。ボーナス増額なし。そして今月から管理費、修繕積立費、駐車場代等の所謂管理費用がひかれ、毎月の住宅費用で合計約10万円なり。

予定通りではあれど、い、痛い・・・。しかし今の私にはどうにもならないのでこのまま支払いを継続するしかありません。

立地は駅近なのですが、会社が移転したので遠いのですよね。もはやメリットを感じづらくはなりましたが、将来的な話、親を同居させる可能性も含めてこのまま維持かなと思っています。

私の人生のモヤモヤ話。 先日会社の同僚との会話のなかで、親のこと、実家のことを話す機会がありました。私の人生のもや

親の同居に関しては、私が田舎にマンションを売却して住むかどうかはまだ決められずにいます。10年後には必要になる話です。

保険

火災保険(地震保険)の年1回の請求がありました。

そのため予算との差分は、いつもの養老保険が外貨建てのためその為替変動によるものと、この火災保険の4,330円が原因。

面倒なので月の予算は一年のうち月ごとは一定に組んでいるため、この結果になります。定期代とか?結構な額が落ちる月は予算との差額が広がりますが、月の予算を見直すのが面倒なので、言い訳方式ですが、予算通りではないが予定ではあったとして問題なしとします。

強引・・・

通信費

コメントするほどではないですが、1,000円単位でのプラス(笑) ちょっと意外だったので、内訳を調べてみました。

  • U-mobile通話プラスLTE使いたい放題2:2,730円
  • U-CALL通話料:10円
  • SMS利用料:90円
  • 国内通話料:160円

という内訳にて、合計2,990円からの税込み3,227円でした。

ちなみに8月は4,524円、7月は4,094円、6月は3,139円となっており、主に国内通話料で変動しています。通話料というと、10月は登記手続きのため、法務局へ電話したり色々と所要がありましたので来月は4,000円代になりそう。

通話料だけの節約をすると、U-mobileはU-CALLというお得な通話アプリがあるのですが、U-CALLを使う癖をつけるか、050番号でかけるという習慣を付けないとダメですね。

U-mobileのLTE使いたい放題について

まあまあ満足です。乗り換えキャンペーンが春頃展開されるでしょうから、春になったら他社を検討してみたいとは思います。回線については、やや遅いのは否めず。また、使いたい放題ではありますが、画像などの転送をいっきにやったりすると速度制限がかかるようです。(経験済み)

使いたい放題を契約する意味は?

実は自宅ではマンション管理費込みでインターネット使いたい放題です。そのため、このスマホの使いたい放題を契約すると、2回線使いたい放題を持っているのと同じ。そのため、普通の人よりは割高なのかもしれません。

使いたい放題に加入する理由は、定期的に実家に帰省、パソコンを実家で利用しているからです。実家用・・・。

あ、これは家計の前提にも記載しておきます。(した)

「変動費」の振り返り

交通費

実家帰省が頻繁なもので、交通費の計上額は人より多い状況にあります。実家帰省という目玉の出費があります。

あと、、、SUICAを利用しているのですが、電子マネー決済をたまにしており、その電子マネー決済分が交通費計上として振り分けられていますね。1部食費分が混じっている可能性がありますが、面倒なのでこれはこれでヨシとします。

日用品

先月楽天の買いまわりセールを利用して選択洗剤、シャンプー、トリートメント、ボディソープなどまとめ買いの結果、プラスに。

いや、月平均でみたら年間支出は同じだろー・・・

はい。

衣類・美容

美容ですね。秋の乾燥対策でボディミルクを購入したり。また実家帰省が多くなり実家は乾燥がひどいので、自宅利用の化粧水のほか、実家置き用のものを買ったりしたので出費がかさみました。

衣類については過去の散財の蓄積があり、しばらく不要なほど。美容は社会人女性としてはある程度かかりますが、毎月平均額を予算として組むか迷います。買わないときもある。

家計の前提

固定費が高い理由

今後もこの章立ては家計簿公開のたびにコピペ予定です。

ご覧のように以下のように特殊な状況になっています。いろいろ「解約したほうがいいよ」、とかいう声が聞こえてきそうですが。

「住宅」費用高くない?

・・・そうなんです。

住宅費って一般的に手取り収入の20%〜30%といいます。そして節約は固定費からといいますね。

でも、私の一番の出費は住宅。費用が激高!な状況なんです。

そう「住宅L」は「住宅ローン」のことです。自宅マンションを数年前に購入し住宅ローンを支払っています。以前は繰り上げ返済もしていましたが、賃貸と考え、繰り上げ返済はしないことにしました。

吉と出るやら凶と出るやらわかりませんが、繰り上げ返済をやめてその分を長期運用・投資に回し、資産を増やしていこうという考えです。

会社から「住宅手当」がでています。ただし、手当の支給が3ヶ月に1度にまとめてのため、月別の家計簿としては相殺しないことにします。支出額はそのまま計上。

「交通費」が高くない?

え、、えぇそうなんです!

私の交通費は激高なんです。この生活はしばらく、いえずっと続くでしょう。介護問題など多々あって、実家帰省、移動に関わる費用が生まれました・・・。

これはもう節約できない固定費なので仕方ないと思って諦めています。

「保険」も高くない?

これもその通り!

一応引かれますから保険も費用として計上していますが、実際には解約返戻金付のため、戻ってくる計算です。資産運用が予定通りに進めば、支払い額を上回りますので、もったいないとは思わず、固定費用として節約対象からは除外・・・。

節約家じゃないなぁ・・・

「保険」は家計簿上は支出ですが、解約返戻金付として資産としても計上しています。こちらも相殺はせず、単純支出として計算します。

通信費はまだ節約できるでしょ?

使いたい放題を契約する意味

実は自宅ではマンション管理費込みでインターネット使いたい放題です。そのため、このスマホの使いたい放題を契約すると、2回線使いたい放題を持っているのと同じ。そのため、普通の人よりは割高なのかもしれません。

使いたい放題に加入する理由は、定期的に実家に帰省、パソコンを実家で利用しているからです。実家用・・・。

こちらは各社のキャンペーンがはじまる来年春に見直してみようと思います。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク