セブン銀行から中間配当のお知らせが届く

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

セブン銀行 中間配当4円75銭

中間配当のお知らせがハガキで届きました。ハガキは片面刷で、アルコニックスやファルコなどの見開きとは異なる作り。

セブン銀行に投資をきめたのは、

  • 新生銀行の自社ATM撤退の動きがでてきたから
  • NISA枠の使いきり(単元株価が安い)

以上2点からでした。

前者ですが、今後は自行の設置ATMをもたない銀行は増えるのではと時代を感じています。そもそも、わざわざ口座開設した銀行のATMでお金をおろす人は少なくなっているのでは?と、私自身の生活を振り返って思ったからです。

一般的にネット銀行のほうが、都市銀行や地方銀行よりもATM手数料が無料になったり、金利も高かったりと、サービス面で分がある状態。ネット銀行で口座開設する人は増えていると思いますが、ネット銀行はそもそも自行設置ATMがないことが多い。

またそもそも銀行設置ATMのメリットはあまりありません。ATM手数料ぐらい?

銀行設置ATMよりも、いつでもコンビニATMでお金がおろせるという提携ATMのほうが、銀行の営業時間を考えなくてもすむため非常に利便性が高いですよねと。

さて、新生銀行の自行設置のATM撤退のお知らせは、とても興味深いものでした。

ATMだけおいている出張店舗的なものもみたことはありますし、駅や商業施設でATMだけがポツンとある光景はみたことがありました。設置するということはお金がかかります。提携ATMだって手数料は銀行間で支払われているのでしょうが、設置する賃貸料的なものと天秤にかけ、銀行間で発生する手数料のほうが安いという判断が新生銀行ではされたということなのでしょう。

他の銀行でも自行設置ATMをやめるという動きがでてくるとしたら、それは提携ATMの利用が増えるということにも繋がるはずです。そしてセブン銀行は利益が出るはずと。

ここまでは私の妄想です。

結局夏前に買ってから常に含み損ですから外れた感は否めませんので(笑)。株価が上がらなないのは、ATMの話が今更感なのかなと。それこそビットコインはお金をおろす行為でさえも必要ありませんから、より先進性、話題性はありますよね。

と、含み損の状態ですが、NISA枠埋めとして購入したのため単元保有のみですので特に含み損は深く考えていません。これで100株配当400円ぐらいですから、税抜きとしても、銀行預金より上回りますから満足しています。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク