【家計簿】2017年11月/趣味活動に忙しかったマイナス月

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

具体的な家庭内支出を公開している方って結構少ないです。ひとぞれぞれ家庭環境が違いますのでなかなか比較することは難しいものです。

私個人としては、自分の家計簿を公開することで何かの気をひきしめよう?という目論見があり、公開してみます。

ちなみに私の家計簿パターンは、すこし特殊なパターンです・・・一応後述で説明はしております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年11月の家計簿

実績

画面が小さい方は横スクロールすると全体が見えます。

予算 実績 損益
支出割合
種別 合計 ¥211,357 ¥284,072 -¥72,715
固定
住宅/L ¥78,746 ¥78,746 ¥0
37.36%
住宅/管修駐 ¥27,380 ¥27,380 ¥0
保険/養老終身 ¥38,216 ¥38,361 -¥145 13.50%
通信費 ¥4,500 ¥3,754 ¥746 1.32%
水道・光熱費 ¥10,000 ¥8,501 ¥1,499 2.99%
変動
食事 ¥25,000 ¥35,439 -¥10,439 12.48%
交通費 ¥16,000 ¥20,620 -¥4,620 7.26%
日用品 ¥5,000 ¥15,708 -¥10,708 5.53%
趣味・娯楽 ¥0 ¥26,979 -¥26,979 9.50%
教養 ¥0 ¥13,203 -¥13,203 4.65%
交際費 ¥6,000 ¥8,100 -¥2,100 2.85%
衣類・美容 ¥0 ¥5,866 -¥5,866 2.06%
医療費 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
その他 ¥515 ¥1,415 -¥900 0.50%
特別費 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
税金 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%

・・・いや、プラスになることがあるのか?それでは、振り返って気になった支出項目に対してコメントを。(´ε`;)ウーン…というわけで、今月もマイナスでした。

ちょっとこの半年の結果をみなおし、来年からは予算設定を変更したいと思っています。

「固定費」の振り返り

今月は振り返りナシ。住宅ローン、保険で手一杯。予想通りです。

「変動費」の振り返り

食費

冬にいなるとついついコンビニや会社で温かい飲み物を買ってしまいます。もう、それはカイロのように・・・(用途違)

ということで、ついつい浪費してしまうのがこの食費。

来年から予算設定を変更しようと思っています。また、週に1度はお金を使わない日を設けることと、会社ではマイボトル化。ほぼほぼ会社でかうのはカフェラテなので、糖分を抑える意味でも、紅茶にシフトしたい。

交通費

実家帰省が頻繁なもので、交通費の計上額は人より多い状況にあります。実家帰省という目玉の出費があります。

まとめて切符をかったりと安くしようと心がけて入るので2ヶ月〜3ヶ月スパンで高くなります。予算は平均値出だしていますので。

教養

本類です。書籍を買うのは控えていましたが、10月から買いはじめたらとまらず。ちょっと予定をみながらかっていきたいなあ。

趣味・娯楽

こんな感じで、たくさん買ってしまいました。手帳を充実させたいと思って、文房具類を久しぶりに購入したのですが、たのしくなってしまい、大人買い。紹介しているのは代表的なものですが、このほかにもシールやら、付箋やらたくさん買ってます。

うちには本当に文房具らしきものがなかったのですが、文房具が一杯になりました。特にフリクションシリーズは帳票しています。

教養

ずっと気になっていた、節約家には必須の一冊、本多静六さんの書。とうとう購入。ハードカバーではなく、文庫ででていたので読みやすいかなと。書いてあることは節約家には普通とも言える内容で、たとえば、昇格などで給与が増えても、もとの給与水準で暮らすとか、最初に給与から貯蓄する分だけひいてしまうとか、投資でお金を増やすことを考えるとか。

しかし、節安のモチベーションと成功者体験は心強く感じました。またこの時代に投資でお金を増やすという言葉はすごいなあと。

また、来年5月向けですが、FP3級を取得することにきめました。

いろいろ生きていてしっておいたほうが得する制度の話や、将来の年金の話など、FP資格で学べることは自分にとって得するなと感じたからです。いまは12月ですが、3月向けに年金アドバイザーも受けてみようと思っている次第。5月のFP受験だと間があきますのでつなぎです。

家計の前提

固定費が高い理由

今後もこの章立ては家計簿公開のたびにコピペ予定です。

ご覧のように以下のように特殊な状況になっています。いろいろ「解約したほうがいいよ」、とかいう声が聞こえてきそうですが。

「住宅」費用高くない?

・・・そうなんです。

住宅費って一般的に手取り収入の20%〜30%といいます。そして節約は固定費からといいますね。

でも、私の一番の出費は住宅。費用が激高!な状況なんです。

そう「住宅L」は「住宅ローン」のことです。自宅マンションを数年前に購入し住宅ローンを支払っています。以前は繰り上げ返済もしていましたが、賃貸と考え、繰り上げ返済はしないことにしました。

吉と出るやら凶と出るやらわかりませんが、繰り上げ返済をやめてその分を長期運用・投資に回し、資産を増やしていこうという考えです。

会社から「住宅手当」がでています。ただし、手当の支給が3ヶ月に1度にまとめてのため、月別の家計簿としては相殺しないことにします。支出額はそのまま計上。

「交通費」が高くない?

え、、えぇそうなんです!

私の交通費は激高なんです。この生活はしばらく、いえずっと続くでしょう。介護問題など多々あって、実家帰省、移動に関わる費用が生まれました・・・。

これはもう節約できない固定費なので仕方ないと思って諦めています。

「保険」も高くない?

これもその通り!

一応引かれますから保険も費用として計上していますが、実際には解約返戻金付のため、戻ってくる計算です。資産運用が予定通りに進めば、支払い額を上回りますので、もったいないとは思わず、固定費用として節約対象からは除外・・・。

節約家じゃないなぁ・・・

「保険」は家計簿上は支出ですが、解約返戻金付として資産としても計上しています。こちらも相殺はせず、単純支出として計算します。

通信費はまだ節約できるでしょ?

使いたい放題を契約する意味

実は自宅ではマンション管理費込みでインターネット使いたい放題です。そのため、このスマホの使いたい放題を契約すると、2回線使いたい放題を持っているのと同じ。そのため、普通の人よりは割高なのかもしれません。

使いたい放題に加入する理由は、定期的に実家に帰省、パソコンを実家で利用しているからです。実家用・・・。

こちらは各社のキャンペーンがはじまる来年春に見直してみようと思います。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク