今年春に1万円分だけ投資したビットコインを日本円に。1万円から4万4千円になりました。

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

ビットコイン、いや仮想通貨が今すごいことになっていますね!

「すごいこと」というのは・・・

日本の選挙相場から日経平均の上昇がはじまり、日本株投資は私の資産に良い影響を与えてくれました。しかし、その裏でビットコインこ価格は上がり続け、、、日本株相場の比ではないぐらいに上げています。

まぁ・・私は何を隠そう、1万円しか投資していないので(笑)、仮想通貨では「恩恵」という程度には資産影響はでていませんけども。

いずれにせよ最終的には4倍になったビットコインに未来を感じつつ、今後どうしようと考えたときに今は「売却」という選択肢に至りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインを売却した

1か月に1度の資産報告記事でも、もっている仮想通貨は店舗で消費したいとか、持ち続けたくないという思いを書いていました。

それには理由がありまして、確定申告の問題です。

確定申告のおさらい

確定申告が必要な人は以下いずれかに当てはまる人です。

(いずれもサラリーマンの場合)

  • サラリーマンで、給与所得以外の収入が20万円以上ある人
  • サラリーマンで年収が2,000万円をこえる人
  • 給与を2箇所以上からもらっている人
  • 住宅ローン控除(初年度)やふるさと納税など、特別な申請を行いたい人

私の場合、株式投資では売買については源泉徴収、配当金も源泉聴取のため、あえて確定申告を行う必要はありません。

ただし、年初の裁量FXの惨敗があり ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ マイナスの繰越制度があるため確定申告をするかを迷っているというところ。それでは確定申告を行うとした場合、ついでにそこに微々たる仮想通貨のことを含めて申請しなければならないため、仮想通貨の存在が面倒に思ったわけです。

また、来年も仮想通貨投資をいずれかの形で始めたいと思っており、年末に利益確定を行うメリットはあるかなと考えました。

1万円が4.4倍に。夢のある投資

そうして売却したビットコイン。

いろいろな取引所で口座開設してきましたが、私が保有していたのはCoincheckさんです。アプリデザインがよくて。Zaifさんはアプリが使いづらく、BitFlayerさんはCoincheckさんほどスタイリッシュではなく。。完全見た目から入ってますね。

さて、以下が購入から売却までの流れです。

クレジットカードで1万円分をビットコインにかえました。

途中イーサリウムを購入してまた戻すということが1回、ハードフォークはビットコインキャッシュですね。

ビットコインキャッシュは日本円への最低換金額に達しませんでしたので、そのままにしています。

一番上に今回の売却行。

結果、1万円から4万円以上・・・とても魅力的ですよね。

これでも夏頃は低迷していて、マイナスが続いていたので驚いています。

今年はビットコイン元年といわれ、仮想通貨取引所のテレビCMが流れるほど、仮想通貨はメジャーになりました。そのビットコイン界隈でもハードフォークやICOなど、これからも話題は尽きることがないでしょう。

話題がつきないということはそれだけ市場が広がっているわけで、来年もまだ投資機会はあるかなとみています。

来年はクラウドマイニングなど、長期投資を前提にした投資を行ってみたいですね。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク