【クレカ】投資用ローンで1,000万円以上借りたら1ヶ月でイオンゴールドカードへインビテーションされた話

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

イオン銀行に口座を作ったのはこの夏です。金融にも力を入れているイオングループ。口座を持っていて損はないと思ったから作りました。

選択したのは、イオンカードセレクト



クレジットカードとイオン銀行のキャッシュカードが一体型になっていて、WAONもついている一枚で3つの機能がついているカードです。

ちなみにイオンクレジットサービスが発行しているクレジットカードはこの他に幾つかあります。

私がなぜイオンカードセレクトを選択したのかといえば、そもそもクレジットカード目当てではなく、イオン銀行に口座が作りたかったからであり、この一体型のイオンカードセレクトをもっていると、イオン銀行のMyステージという銀行ランクアップに必要なポイントもゲットできるため、正直迷わず一択なのでした!

ふー、句読点が少ない文章は疲れますね…話は続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イオン銀行のクレジット、イオンカードセレクトとは?

イオンカードセレクトのメリット

クレジット側のメリットなのか銀行口座側のメリットなのかがわかりにくいですが…この一体型カードのメリットを書いてみます。


  • 年会費が無料
  • 普通預金金利がなぜか上昇(ランクアップ特典)
  • イオンATMでの入出金手数料無料
  • WAONオートチャージでポイントが貯まる

まず、普通預金金利です。なぜか、このイオンカードセレクトをもっているだけでイオン銀行の普通預金金利が上昇します。

だけで、というのは表現が悪いので詳細を書きます。

具体的にはイオン銀行のランクアップに繋がるイオン銀行スコアが、イオンカードセレクトをもっているだけで、+10点もらえてしまいます。

「なんだ、これで+10点?」と思うかもしれません。スコアを獲得する手段で簡単なところだと、インターネットバンキングの登録で+30点、クレジットカードの引き落としで+10点、結果はイオンカードセレクトの10点を足して計50点にはらくらく達成できます!

はい、これだけで既にシルバーステージがゲットでき、普通預金で0.1%の金利がゲットできたことになります。すばらしい…

現在金利の低さは異常値となっていますので、イオン銀行以外でこの0.1%台の金利を叩き出す銀行はまずそうないです。あったとしても定期預金クラスですよ…(#・∀・)

普通預金としてただ預けているだけで、定期預金並の金利!なのだから、とってもメリットがありますよね。

イオンセレクトゴールドカードのメリット

こちらは、イオンセレクトカードをゴールドカードにしたら?という視点です。もちろんイオンセレクトカードのメリットは引き継ぎ、それに上乗せする形で以下のメリットがついてきます。

  • 年会費が無料
  • 購入後の事故は1品300万円、年間300万円まで保証
  • 旅行障害保険が付帯(最大3,000万円)
  • イオンラウンジが無料で利用可能
  • 羽田空港ラウンジも無料で利用可能

ゴールドカードへ切り替えるには?

さて本題です。

イオンクレジットには年会費無料のゴールドカードがあるのですが、自ら申し込むことはできません。インビテーションという招待制になっていて、ある一定の条件を満たす必要があります。

公式案内はこちら。

イオンゴールドカードセレクトは、イオンカードセレクトをお持ちで、直近1年間のカードショッピング100万円以上など所定の条件を満たされた方に発行しております。

<出典>https://www.aeonbank.co.jp/aeoncard/goldcard/

公式案内ではこうなっていますが、クレジットカード側の招待案内とは別にイオン銀行側のインビテーション条件を利用することが最短でしょう。

  • イオン銀行の住宅ローンを利用する
  • イオン銀行に預金を預ける

イオン銀行の住宅ローンは、金利も安いのでおすすめです。ただ、もう他で住宅ローンを組んでしまった方も要ると思いますし、借り換えも手数料がありますから万人ができるわけではないので…後者の手段を利用することのほうが容易そうですね。

ちなみに後者ですが、その預金額によりインビテーションの速さが違ってくるとのこと。私はこのパターンではないので、他のブログを参考にリンクを貼ります。

500万円預金したら2ヶ月で到来
年会費無料のゴールドカード【イオンゴールドカード】。インビテーション取得条件は?ゴールドカードの申し込み方法・特典を明かす。人気クレジットカードの全貌を紹介。お得な申し込み方法まで完全公開。 イオンゴールドカード。 このカードはゴールドカードなのに、年会費無料なのです。年会費無料のゴールドカードは非常に少ないです。この
1000万円で5年半の定期契約で1.5ヶ月で到来

これらを参照するに、預金残高でスピード感が異なるようですね。

私のゴールド切替は投資用ローンから

先日、不動産投資でイオン銀行と融資契約をしました。

余談になりますが、投資用ローンでイオン銀行のメリットはなんといっても融資金利です。一般的には、投資用ローンの金利は1%後半〜2%後半。なかには、4%台もあります。結果、不動産会社からの提携金利のため、1.65%で組めてしまいました。

1.65%でイオン銀行と融資契約できるとあって2戸目を即決した私です… なんか頭がおかしいのかもしれませんが、2戸目なのに(いや、自己居住物件含めたら3戸目なのに、)フルローンでこの低金利というのが頭からずっと離れず、即決で契約したという経緯でした…

話をもとに戻すと。

実際に融資契約は来店しての契約を行います。そこでイオン銀行のローン引き落とし口座を設定するときに、イオンカードセレクトをみせると、

「ゴールドカードの切り替えはどうですか?」

と銀行員の方より案内がされました。

一般的にはどうなのでしょうね。不動産投資用ローンと、住宅ローンって一般庶民からすると別ですが、銀行様からみたら一緒なのでしょうか…

ゴールドカードへのインビテーション条件である、「イオン銀行の住宅ローンを利用する」に投資用ローンですが、なんとか当てはまったようです!! (人´∀`).☆.。.:*・゚

願ったりかなったり。

最速か?といわれると…不動産投資を行うには、それなりに手続きがあるので即決しても1か月ぐらいはかかってしまいます。

定期預金1,000万円を預けて1.5ヶ月でインビテーションが届いたというブログもありますが、投資ローンで1,000万円以上借りたら1ヶ月でインビテーションされた、とはいえるかもしれません。笑



ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク