楽天ポイント運用実績(2019年6月)

◆よく読まれている記事◆
◆よく読まれている記事◆

楽天ポイント貯めてます?

もらってうれしいポイントNo1とアピールしてくる、楽天ポイント。

私も当然、楽天ユーザー。楽天カード&楽天市場&楽天ポイントは三位一体、きっても切り離せない関係です。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天ポイント運用実績公開

もう、ドーンといきましょう、ドーンと。

はいッ

その前に…!笑

楽天ポイント運用とは?

  • 楽天ポイントを育てられるサービス
  • 育った運用は楽天の通常ポイントとして利用可能
  • 運用方法の選択は二択のみ!
  • 口座開設は不要

名前そのまま、楽天ポイントを投資として運用し、ポイントを増やせるという内容です。

去年ぐらいから、dポイント投資も流行りましたよね。

もらってうれしいポイントNo1の楽天ポイントです。他のポイントサービスができることを楽天ポイントができないことはありません!!

ただ運用といってもそこは一般消費者がいっぱい集まる楽天。投資初心者に対してもお手軽に始められるように、どのような運用をしたいのかは「アクティブコース」「バランスコース」の2つから選ぶだけ、というお手軽さで始められます。

もちろん原資がポイントなので…証券口座の開設といった事務手続きは不要です。

選ぶだけ!

というわけで、実績公開します。はい、ドーン。

2019年6月:26,045円(1.8%↑)

  • アクティブコースのみ

もう画面キャプチャも見せちゃいます。

これはスマホの楽天市場アプリから。

アプリのキャプチャをそのまま載せたら…「買い物かご、入りすぎだよ!」と突っ込みを受けそうですが…笑

さて。

ポイント運用が始まった割と最初のころから初めていて、楽天市場アプリを定期的にのぞいては、ポイント運用へポイントをコツコツ振り分けてきました。

だいたい1回の追加に1,000ポイント前後。

期間限定ポイントは追加できないようなので、それはお買い物に利用するとして、原則ポイントがつけばこちらの楽天ポイント運用へ追加してきました。

もう投資信託かえます、というぐらいになっちゃいましたね~

でもまだまだポイント運用しますよ。

(*´з`)

やっぱり市場アプリからポイント運用へ振り替えられるのは便利なので利便性がかっちゃいますね。

ブログ村に参加中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク